本文へ移動
2020年6月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
聖学舎
〒518-0626
三重県名張市桔梗が丘6-1-90
TEL:0595-65-6115
FAX:0595-65-6115

----------------------------------------
1.小学生の国語、算数
2.中学生の英語、数学、国語、理科、社会
3.高校生(卒業生)の英語、数学、物理、化学(一部)世界史
■個別指導、少数一斉、一斉個別クラス(小学生)
■個別指導クラスと少数一斉指導クラス(中学生)
■個別指導クラス(高校生)
----------------------------------------

塾長ブログ(塾のこと、学びのこと雑感)

塾長ブログ (塾のこと、学びのこと雑感)

幸せを感じた雨  塾生との自転車帰宅

2018-05-19
5月13日(日)はひどい雨だった。
塾生Y子は、徒歩か自転車で中1の頃から通塾してくれている。
早や中3になって、土砂降りの日も変わらず通ってくれていた。
今日はさすがに自転車は涙が零れているかのようで、塾の軒に駐輪されていた。授業が終わって声を掛けた。
「Yちゃん、どうする?自転車置いていく?明日取りに来たら?」
「明日は学校で自転車必要なんです。一人で帰ります。」
「えっ、この雨の中、自転車押しながら?! 傘さして? それは・・・」
「いつものことですから」とY子。僕は絶句した。
「いつもそこまでして通ってくれているんだ・・・。」感謝と自分の無知に恥ずかしさを感じた。cheeky

当然、Y子と自宅までの送り。僕が自転車を押しながら出発した。時刻は16時半過ぎだった。起伏の多い自宅のへの道、激しく雨は降り、道路の水が流れ、車で飛び散り足元に跳ねる。 
「ここまでして・・」という気持ちと
「車に気をつけて」「雨がハンパないなぁ」道中二人でワーワー言いながら、10分間の道のりを歩いた。
雨には濡れた。服も靴下もびしょ濡れだった。でも幸せを感じた。
満足ではない。幸せだ。塾生の力になれて、Y子が毎回この道を通ってくれている感謝を感じさせてもらって。二人ならこの状況でも笑いながら歩けた。smileyもっと歩きたかった。家のガレージに到着してY子にお礼を言った。「いえ、先生こちらこそ」とY子はキョトンとしていた。僕は「さっき神様が『これが幸せなんだよ』と囁いてくれた。僕の使命が確認できた。だから、ありがとうって言いたいんや。」と言った。 嬉しくて聖学舎への帰り道は「恵みの雨」
を下さる神様に感謝した。laugh
TOPへ戻る